アンドロイド アプリ管理:アプリの自動起動を強制停止するやり方

Androidスマホのアプリは、
イベントの発生通知を受け取り、
処理を自動的に実行する
仕組みになっています。

そのため、しばらく使っていない
アプリでも、バックグラウンド
(見えないところ)で自動起動している
場合がよくあります

バックグラウンドで多数のアプリが
実行されていると、以下のような
デメリットが発生します。

  • 端末の起動時に動作が重くなる
  • メモリ不足で他のアプリがうまく動作しない
  • 電池の減りが早い

これらの問題を少しでも改善するため、
バックグラウンドにあるいらないアプリ
停止させておきたいですよね。

今回は、バックグラウンドで
起動しているアプリの
強制停止の方法を紹介します。

起動中のアプリの確認方法

(SHARP:AquosPhoneの場合)

ホームのメインメニューから
[設定]を開き、その中にある
「アプリ」をタップします。

せっていあぷり

画面を横にスライドし、「実行中」
の項目を確認します。

普段使っていないアプリが
自動同期などの目的で実行されている
場合があります。

実行中あぷり

ここでアプリの起動をとめることもできますが、
停止させるアプリによっては
端末が正常に動かなくなる恐れもあるので、
注意が必要です。

あぷり停止

使ってないアプリを強制停止させる

アプリ一覧の画面から
動作を停止させたいアプリを
長押しし、アプリ情報を
表示させます。

アプリ情報

強制停止をタップすることで
アンインストールせずに
アプリの機能をストップさせられます。

あぷり強制停止

もし間違って停止させたくない
アプリを強制停止してしまった場合は、
ホーム画面などから起動すれば
元にもどります。

自動起動中のアプリの強制停止方法まとめ

  • 最近使ってないアプリでもバックグラウンドで
    起動していることがある
  • メモリを占有したり、電池の消耗が早くなる
    原因になるので強制停止させよう
  • 実行中のアプリは設定画面から確認
  • アプリ一覧の画面でアイコンを長押し、
    アプリ情報から強制停止しよう
  • 停止させたアプリはホームなどから起動すれば
    元に戻る

アプリのプロセスを停止することで、
少しですが、メモリの占有量を減らし、
端末や他のアプリの動作を多少
軽くできます。

また、電池の消耗を抑える効果もあるので、
やっておくと良いでしょう。

暫く使ってないけどアンインストールまでは
したくないアプリの場合は、
強制停止させて寝かせておくのも
良いかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ