Androidスマホの動作が重い、固まった時の7つの対策

みなさんのスマホは
サクサク動いてますか?

色々なアプリが使えてとても
ベンリなスマホですが、
あるとき動きが悪くなったり、
急に固まってしまう

そんなことがあると思います。

今回は、スマホがうまく動作しない、
固まってしまうときの原因、
対処方法を紹介します。

スマホの動作が悪い、重くなる原因

スマホは様々なアプリケーション
(アプリ)が入っています。

そして誰でも新しくアプリを
インストールして起動できます。

しかしこれらのアプリが大量に
動作している状態は、スマホの
脳にあたるCPUに膨大な負荷が
かかります。

一度にたくさんのことを同時に
やろうとすると、スマホも
人間のように混乱してしまいます。

スマホの場合、負荷が大きくなると

  • 動作が遅くなる
  • 実行中のアプリを強制終了する
  • あたらしくアプリを開けなくなる
    (メモリの容量不足)
  • 発熱し、高温になる
  • 電池の大幅な消耗

これらの状態になり、最悪の場合
勝手に電源が切れたり、
電源を切るまで動かなくなったり
してしまいます。

動作が重くなってきたときの対策

では実際にスマホの動きが悪く
なってしまう前に、予防として、
また重くなってきたときに
どんなことをすれば良いでしょう。

  • バックグラウンドで稼動している
    アプリの整理
  • 使っていないアプリの
    アンインストール
  • アプリのアップデート
  • システムメモリ上のデータの整理
  • ホーム画面の整理
  • ブラウザやSNS等で保存されている
    キャッシュを消去
  • スマホの再起動

上記の7つを行えば、スマホの
動作はだいぶ軽くなると思います。

ちょっと動作が重いかな?と感じたら
試してみると良いかもしれません。

それぞれカンタンに方法を解説して
いきましょう。

バックで稼動中のアプリの整理

さっきまで使っていて、途中で
別のアプリを使っている間、
それまで使っていたアプリは
完全には終了していません。

もういちど開いたときに
すぐに使えるように、
バックグラウンド上で
稼動しつづけています。

そのため、本人は終了したつもりでも
アプリ自体は終了せず、メモリの
一部を占有しつづけている場合が
よくあります。

ホームボタンを長押しすると、
実行中のアプリが表示されるので、
ひとつずつ横にスライドして消すか、
画面上(または下)にあるボタンで
まとめて終了させましょう。

対策アプリスライド

使っていないアプリをアンインストール

以前ダウンロードしたけれど、
全然使う機会がないし
もう別にいらないというアプリも
いくつかあると思います。

本体メモリの容量はけっこう大きく、
大量のデータを保存できますが
だからといって使わないものを
取っておいてもしかたがないので
アンインストールしてしまいましょう。

アプリ一覧から消したいアプリの
アイコンを長押しし、
アンインストールを選択します。

対策アプリ消去

端末にもとから入っているアプリは
アンインストールできないものが
いくつかあります。

無理に消そうとすると端末の動作に
悪い影響がある場合が多いので
注意が必要です。

アプリのアップデート

ダウンロードしたアプリで
使い続けているもののうち
アップデートできるものは
アップデートしておくことで、
動作が改善されることがあります。

GooglePlayなどの配信アプリを開き、
画面左上をタップすると、
メニューが出ます。

対策アプリアプデ

マイアプリ&ゲームを選択し、
アップデートがあるアプリが
確認できます。

手動でひとつずつアップデートするか
まとめてアップデートするかを
選べます。

システムメモリ上のデータを整理

画像や音楽、動画などは
本体メモリを最も占有している
もののひとつです。

SNSに投稿するために写真や
動画を撮影する人は多いと思います。

そういったデータはスマホに
入れっぱなしにせずに、SDカードや
パソコンに移してしまうか、
消去すると良いでしょう。

消した分、本体メモリの容量が空き、
新たに画像や音声を入れることも
できます。

ホーム画面の整理

ホーム画面上にアプリがいっぱい
という状態も、動作が重くなる
原因のひとつといわれています。

頻繁に使うものではない場合、
アプリ一覧から開けば良いので、
アイコンを長押しして、
[削除]を選択しましょう。

対策アプリホーム削除

ホーム上から消えますが、
アンインストールとは違い、
アプリ一覧のほうから
開けます。

またミニゲームアプリを
まとめてひとつのフォルダに
入れておくのも良いでしょう。

アプリをタップしつづけていると
動かせるようになるので、
別のアプリと重ねることで
ひとつのフォルダにできます。

対策アプリフォルダ

対策アプリフォルダまとめ

キャッシュの消去

GoogleChromeや標準ブラウザ等の
インターネットブラウザでは、
以前表示した画面の情報を
一時的に保存しています。

この一時保存しているデータの
ことをキャッシュと呼びます。

Twitter等のSNS、LINEなども
ダウンロードしてなくても、
画像や動画の情報を一部
キャッシュとして保存しています。

これらのキャッシュは意外と
システムメモリーを占有するため、
ちょっと重くなったなと思ったら
キャッシュを消去してしまうと
良いでしょう。

ブラウザのアイコンを長押しし、
アプリ情報をタップします。

対策アプリ情報

アプリ情報画面の下のほうにある
[キャッシュを消去]をタップすれば
完了です。

対策キャッシュ消去

アプリを開きなおしたときに
若干読み込みが入りますが、
1秒、2秒程度なので
気になるほどではないと思います。

スマホを再起動

もうどうしようもなくカクカクする、
動作が重くてアプリが動かない
実際にそうなってしまったら、
スマホを再起動しちゃいましょう。

再起動することで、実行中のアプリを
すべて一度終了させ、ブラウザの
キャッシュを消去し、CPUの負荷を
一気に軽くできます。

スマホの電源ボタンを2秒程度
押し続けることで、電源を切るか
再起動を選択できます。

対策さいき

スマホの動作が重いときの対処方法まとめ

  • 実行中のアプリが増えすぎると
    スマホの動作が重くなる原因に
  • バックグラウンド上のアプリを整理
    ホームボタン長押しでバックグラウンドの
    アプリを確認して終了しよう
  • 使っていないアプリのアンインストール
    使わないアプリは一覧から選んで
    アイコンを長押し、アンインストールしよう
  • アプリをアップデート
    GooglePlayからアプリをアップデート
    すれば動作改善に繋がることも。
  • システムメモリ上のデータを整理
    保存している画像や動画は、
    PCに移すか消去してしまおう
  • ホーム画面の整理
    ホーム画面にあるアイコンの数を
    減らそう
  • キャッシュの消去
    ブラウザやSNSの一時保存データを
    消去しておこう

スマホは色々なアプリを入れて
ベンリに使うことができます。

しかしアプリが増えすぎると
動作が重くなり、カクカクしてきたり
新しくアプリを開くことが難しく
なってしまいます。

気持ちよくスマホを使うためにも
負荷はなるべく少なくしたい
ですよね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ